仕事を知る

デジタルグループ

日経電子版は24時間365日休みなく、正確で膨大な情報を発信し続けています。その内容は多岐にわたり、ニュース以外にマーケット情報、スポーツ、文化、ライフ(NIKKEI STYLE)などのコンテンツがあります。その編集や制作、配信をサポートする重要な業務をデジタルグループは担っています。さらに五輪・W杯、総選挙などのイベントの際には日経本社編集局と連携し、特別体制でニュースを配信します。また、新幹線やテレビなどの文字ニュースは世の中の人々が普段何気なく目にする情報ですが、これらも日本経済新聞などからのニュースをデジタルグループが加工して配信しているのです。

日経電子版や各種電子媒体への配信は、正確性とスピードが重要です。日経本社からの情報を正確に編集・制作して、スピーディーに配信することを、社員は常に意識し、責任感をもって日本経済新聞社の信頼を維持しながら、社会に貢献しています。

新聞制作グループ

新聞制作グループは、日本経済新聞社の発行する紙面の中の株式面や決算・マーケット指標、ラジオ・テレビ面の制作や新聞・新聞制作システムで使用するフォントおよび写真などの品質管理を担当するなど、大きく4つの業務を担当しています。

数値の担当者は日経本紙朝夕刊の株式面(日次、月間、年間)の制作のほか、国内外のマーケット情報の指標・決算などの作成を担当しています。ヴェリタス紙面用の相場やマーケット関連の指標類も作成しています。こうした相場面制作や決算・指標などを作成するために、専用のシステムを使用しますが、日々のデータ加工やメンテナンス作業などにはシステムの理解、正確・迅速なオペレーションや高い技術力が求められています。

ラジオ・テレビ面の担当者は日経本紙朝夕刊や日経プラス1のラジオ・テレビ面を全国の各地域に合わせて個別に制作しています。また、ラジオ・テレビ面の解説欄も担当しています。読者に何を伝えたいのか、「日経らしさ」も意識して作成しています。突発ニュースなどでの番組の変更は読者に最新の番組表を提供できるよう、心がけています。

画像・フォント・DTP担当者の業務は幅広く、中でも新聞や新聞制作システムで使用する文字の作成・管理は新聞制作上とても重要な業務です。また日経本紙朝夕刊の紙面やヴェリタス紙面を日経テレコンのサービス用にデータを加工する業務を行っています。さらにDTPを使用して日経新聞や電子版に掲載された記事画像を整形・加工し、印刷物などにして提供する「リプリントサービス」の作成や自治体広報紙の版下制作も日経グループ各社と連携して行っています。

画像担当は日経新聞に掲載するカラーおよびモノクロ写真の品質補正、加工・修正など品質管理を担当しています。新聞に掲載されたときに最良の状態となるようにきめ細かく品質管理を行います。これらの作業には高い熟練の技術力が必要です。

各担当者は編集局など関連各部や日経グループ各社と連携を密に、紙媒体としての「クオリティー日経」を、そして日経本社の目指す「テクノロジー・メディア」を支える重要な業務を担っています。

新聞編集グループ

編集支援チームのニュース面担当者は、日経本紙朝夕刊に掲載する数表や社説、春秋などの作成、スポーツ面の各種記録・成績表や社会面の天気予報欄の作成を担当しています。組閣や閣僚の資産公開、選挙、五輪など各種イベントではデータ取得、数表作や紙面全体の制作も担当します。
特集面担当者は、日経本紙朝夕刊の特集面に掲載する数表や小説、囲碁・将棋欄の作成のほか、読書面の出稿部組版の支援も担当しています。
また、日経産業新聞、日経MJなど専門媒体の編集支援業務も行っています。数表類の作成のほか、会社人事を詳細に伝えるスタイル人事ではデータ割り振りから小組作成までを担当。
これらの業務では、出稿部や通信社からのデータ加工で自動組プログラムなど専用のシステムを使用するため、システムの理解、正確・迅速なオペレーションや高い技術力が求められます。このため定期的に勉強会を開き技術レベルの向上に取り組んでいます。

紙面編集チームは、日経本社の編集フロアで地方部、札幌・名古屋の両支社編集部、企業報道部、デザイン編集部など関連各部と連携し、日経朝刊の東京本社管内の地域経済面および日経産業新聞の各面を制作しています。
地域経済面の担当者は、「東京」「神奈川」などの首都圏の地域経済面はもちろん「北海道経済」から「中部経済」まで計12の地域版の紙面編集を担っています。地方部・支社・支局が取材した地域経済ニュースや地域の話題に、分かりやすく適切な見出しをつけ、写真をトリミングし、読みやすいレイアウトで紙面を完成させます。
日経産業新聞各面の担当者は、「ネット・通信」や「医療・ヘルスケア」など計12の面の紙面編集を担っています。日経本社の担当者がおおまかに組み上げた紙面の見出しやレイアウトを一つ一つ精査し、ブラッシュアップして、より魅力的な紙面に仕上げています。

工程グループ

刻々と変わる世界、次々と発生するニュース・・・。読者に価値ある情報を確実に届けることが我々のミッションです。編集部門が作る記事、広告部門が獲得する広告を日経紙面として“完成”させ、国内24、海外7の印刷工場に全紙面を正しく振り分け、遅滞なく送り届ける。我々は拠点分散印刷体制の要に位置しています。

日々の業務の中では、大幅な紙面構成の変更や大ニュースが飛び込んでくることもしばしば。一方で印刷や輸送のトラブルが発生することも。そんな時にも、いや、そんな時こそ編集局や工場と十分なコミュニケーションをとり、万全の対応をとります。日経の各関連部署と工場とを結ぶハブとなって「交通整理」を行う中枢が工程グループなのです。